白く染まる木道から 221202

  • 2022年12月02日
  • お知らせ 自然情報

白く染まる木道から 221202

ついに雪が降り始め、木道に雪が積もっていました。

浚渫船の手前にキタキツネの足跡が残っていました。

ミヤマアキノキリンソウが雪をかぶっていました。

エゾヤチヤナギが冬芽をつけていました。

ハイヌツゲが雪が降り積もる中、青い葉を元気よく出しています。

ノハナショウブはほとんど実を落とし終わったようです。

ミズバショウはすでに春に向けて目を出しており、あとは厳しい冬を耐えるだけのようです。

雪が積もり長靴やスノーブーツがないと歩きにくくなってしまった木道ですが、この時期ならではの魅力もたくさんあります。機会があれば是非木道にお越しください!

小松

過去の記事