サロベツの大地とあなたを結ぶ

当NPO法人サロベツ・エコ・ネットワークは、サロベツの自然と地域を愛する人々が集まり、サロベツの豊かで美しい自然環境を次世代に引き継ぐことを目標に、平成16年4月に結成された団体です。

以来、多様な自然環境を有する利尻礼文サロベツ国立公園のサロベツ地域の保全と、自然と共生する豊かな地域づくりを目指して、地域内外約200名の会員の皆様を中心に、年間30事業以上を行い、延べ1,700名以上の方々にご協力いただき活動しております。

主な活動内容としては、国立公園内の環境美化や自然環境調査及び環境教育活動等を継続すると共に、地域参加型の事業として、海岸線や河川の清掃活動のほか、住民と協働で現地産ミズナラの植樹を行い、稚咲内海岸砂丘林の再生を図る事業を展開しております。

また、環境教育活動として、次世代を担う地域の子どもたちへの自然体験プログラムの充実、教育機関の研修受け入れやネイチャーガイドの実施、講師派遣やインターンシップ受け入れといった人材育成も積極的に実施しております。

そして、環境保全活動としては、特定外来生物オオハンゴンソウの巡視・除去作業、絶滅の危機にあるシマアオジや、チュウヒなどの希少鳥類の分布調査、オオヒシクイやマガンなどの渡り鳥の飛来調査を行っています。

今後も国立公園の玄関口にあるサロベツ湿原センターを拠点に、地域に根差した各種活動を継続していくと共に、サロベツを大切に想って下さる全国のファンの方々、特に都市部と地元の人々をつなぎ、人も自然も共に元気なサロベツを目指して、活動の輪をさらに広げて参りたいと存じます。皆様の活動へのご理解・ご協力を宜しくお願い致します。

 
IMGP3843

NPO法人 サロベツ・エコ・ネットワーク
代表理事 吉村 穣滋