サロベツの大地とあなたを結ぶ

サロベツカレンダー2018 好評販売中です!

サロベツカレンダー2018 好評販売中です!

現在、サロベツ湿原センターにて来年(2018年)のカレンダーを販売中です! 使用している写真はいずれもスタッフが業務の合間などに撮影したもので、 ここだけのオリジナルカレンダーです。 サイズは開いた状態でA4サイズとコンパクトなので、デスク …

冬季開館スケジュールのお知らせ

冬季開館スケジュールのお知らせ

11月1日よりサロベツ湿原センターは冬季営業期間となります。 開館時間と休館日は下記のとおりです。 冬のサロベツ湿原は、どこまでも見渡せる広大な大雪原となります。 スノーシューで雪原を歩くとエゾユキウサギやキタキツネなど動物の足跡や、 晴れ …

【お知らせ】 オリジナル・ピンバッジ取り扱い中!

【お知らせ】 オリジナル・ピンバッジ取り扱い中!

かねてより観光客の方々からご要望をいただいておりました ピンバッジを新商品として製作しました! デザインは、シマアオジとエゾカンゾウをモチーフにしたオリジナルで、 現在は、サロベツ湿原センターのみでの限定販売となっております。 価格は1個1 …

シンポジウム「地域の自然のための風力発電とは」

シンポジウム「地域の自然のための風力発電とは」

シンポジウム「地域の自然のための風力発電とは」のご案内です。 はじめに講演する飯田哲也氏は、長らく原子力村の問題や福島原発事故、自然エネルギーなどのエネルギー問題に長年取り組んできた方です。 飯田哲也氏略歴:京都大学工学部原子核工学科、東京 …

【案内】 学生サブレンジャー!無料ガイド実施中!!

【案内】 学生サブレンジャー!無料ガイド実施中!!

現在サロベツ湿原センターでは、夏休みを利用して、大学生や地元の高校生が、 サブレンジャーとして木道での自然観察ガイドを実施しております(9月4日まで)。 国立公園内に咲いている花ってなにがあるの? この植物の名前は? どうして湿原ができたの …

【案内】 稚内信金・豊富支店さんでサロベツ写真展開催中!

【案内】 稚内信金・豊富支店さんでサロベツ写真展開催中!

すでにご覧いただいた方もいらっしゃるかもしれませんが、 現在、豊富町内の「稚内信用金庫豊富支店」さんのロビーにおいて サロベツの写真を展示いただいております。 写真はいずれも当法人スタッフが撮影したもので、春夏秋冬の湿原の風景や ヘリコプタ …

祝!サロベツ湿原センター来館者数30万人を達成!

祝!サロベツ湿原センター来館者数30万人を達成!

7/22(水)、サロベツ湿原センターの累計来館者数が30万人に達しました! 当施設は、旧ビジターセンターに代わる国立公園の新たな拠点施設として2011年4月にオープンしました。以来、毎年およそ5万人の方にご利用いただいており、2013年6月 …

JR北海道の車内誌で特急車内誌でサロベツ湿原が紹介

JR北海道の車内誌で特急車内誌でサロベツ湿原が紹介

お知らせです。JR北海道の特急車内誌に「駅からぶらり旅」というコーナーがあり(P.19-21)、 今回の7月号(No.353)の舞台は「豊富駅」です。 誌面では、工房レティエさん、川島旅館さん、そしてサロベツ湿原が紹介されております。 JR …

シマアオジ等の希少種指定パブリックコメントが募集中

シマアオジ等の希少種指定パブリックコメントが募集中

近年、絶滅のおそれが高まっているシマアオジとチュウヒについて 国内野生希少動物種の指定に向けた検討が行われております。 これらの野鳥はサロベツにとっても非常に重要な種です。 ぜひ皆さまからもパブリックコメントをお寄せ頂ければ幸いです。 なお …

<豊富町自然公園> ホタル観察リーフレット

<豊富町自然公園> ホタル観察リーフレット

天気は相変わらずスッキリしませんが、気温はようやく上がってきましたね。 豊富町内の自然公園では、ヘイケボタルが光り始めています。 例年、7月中旬がピークで、7月末まで見られます。 ただ、ピーク時でも100匹程度と少ないので、捕獲されたりする …

サロベツ舞台のショートムービーが受賞!

サロベツ舞台のショートムービーが受賞!

豊富温泉の老舗旅館 『川島旅館』 と『稚内北星学園大学』 がコラボした映像作品 『エゾカンゾウの咲くまちへ』が北海道映像コンテスト2017にて、 地域振興に貢献する作品として見事に「総務省北海道通信局長賞」を受賞しました! http://w …

浜里風車計画地でチュウヒの繁殖兆候

浜里風車計画地でチュウヒの繁殖兆候

道北エナジーによる浜里風車計画地内で、(公財)日本野鳥の会と当NPOが共同で2017年5-6月に行ったワシタカ調査により、チュウヒの繁殖の兆候が確認されました。 チュウヒは絶滅が危惧されている草原性の渡り猛禽類で、サロベツで繁殖しています。 …

【報告】 北海道の両生類と爬虫類講座が開催されました

【報告】 北海道の両生類と爬虫類講座が開催されました

7/1(土)、サロベツ湿原センターにて北海道爬虫両棲類研究会会長の徳田龍弘氏が 北海道内に生息する爬虫類や両生類のお話をして下さいました。 内容としては、道北地域で見られる両生類と爬虫類の解説の話を中心に、北海道内の状況、市民参加型の両生類 …

【募集】サロベツサブレンジャー募集中!

【募集】サロベツサブレンジャー募集中!

当法人では夏休み期間中の学生を対象に、サロベツ湿原センターおよび幌延ビジターセンター周辺を拠点として、国立公園利用者に対する自然解説や利用マナーの普及啓発、動植物等自然情報の収集及び展示物の制作等を行う施設補助員(サブレンジャー)を募集して …

【報告】 北海道社会貢献賞を受賞しました!

【報告】 北海道社会貢献賞を受賞しました!

当法人の長年の活動実績が高く評価され、北海道知事からの 北海道社会貢献賞(自然保護関係功労者)の授与が決定いたしました。 授与式は6月14日(水)10時からサロベツ湿原センターで行われました。 北海道宗谷総合振興局保健環境部(くらし・子育て …

【報告】 エコライフ・フェアでPRしてきました

【報告】 エコライフ・フェアでPRしてきました

6/3(土)~4日(日)、東京の代々木公園で開催された 「エコライフ・フェア2017(主催:環境省)」の会場にて 全国のラムサール条約湿地関係者と共同で湿地の恵みをPRしてきました! 環境省、企業、NPOやNGOなど多数のテントが立ち並び、 …

木道を散策の際にはシマアオジにご配慮願います。

木道を散策の際にはシマアオジにご配慮願います。

今年も湿原センター木道の近くにシマアオジが戻ってきました。 シマアオジはスズメ大の小鳥の仲間です。黄色い腹が湿原に映え、切ない声で鳴きます。 シマアオジはかつては北海道中にたくさんいましたが、急激に数が減り、今では日本でサロベツの湿原センタ …