サロベツ湿原だより1月号&木道のようす

  • 2021年01月05日
  • お知らせ

サロベツ湿原だより1月号&木道のようす

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
サロベツ湿原だより1月号は、「冬こそバードウォッチング!」です。

—–
本日の木道のようすです。
積雪はひざ下くらいまであるので、スノーシューを履いて散策してきました。

木道から外れて湿原に降りてしまいますと雪がまだ締まっていないところがあるため、
安全を考慮し木道の上でお楽しみください。
(特に、木道との際、木の周り、ササ周辺の雪は締まりづらいのでお気を付けください。)

-9℃の朝、とても気持ちが良いです。

奥の方の木道周辺は風紋が出来ていて、雪も徐々に締まりつつあります。

雪とベンチが同じ高さになりました。

サロベツはフラットなので、スノーシューが初めての方でも気軽に楽しめます。
お越しの際は、暖かい恰好でどうぞ。

木道は現在一部改修工事中です。詳しくは下記にあるリンクをご覧いただき、
散策の際には十分ご注意くださいませ。

また、スノーシューなどのレンタル(有料)も行っていますので、下記をご覧ください。
※スノーシューハイクガイドは現在、「1時間コース」のみ受け付けております。
「2時間コース」は、森の中の雪が締まっておらず安全が確保されていないため、
まだ開始しておりません。準備が整いましたら、改めてご案内致します。
【ご案内】「グッズレンタル」と「森と湿原スノーシューハイク」
【お知らせ】(10/26-3/31)センター木道改修工事による一部通行止め
【お知らせ】サロベツ湿原センター冬季開館のご案内
(早野)

過去の記事