サロベツ湿原 最新開花情報 200921

  • 2020年09月21日
  • お花

サロベツ湿原 最新開花情報 200921

いよいよ秋の花も千秋楽となってまいりました。

湿原が黄金色に色づき、ヤマドリゼンマイも紅葉していて美しい姿になっています。

まずはエゾリンドウの花。いよいよ盛りとなっています。

ミヤマアキノキリンソウは咲き終わったものも出始めましたが、まだまだ綺麗に咲いているものあります。

花の中には暖かく柔らかい風が吹く日が続いていたせいか、少し狂い咲きをした花も。
こちらは本来であれば春に咲くヤチツツジの花です。

時折葦原をぴょこぴょこ移動するノビタキを見ることがあります。冬の装いになってきました。旅支度を整え、ここを離れ南へ渡る時期がやってきているのです。

林の中ではヒロハツリバナの真っ赤な実が熟してぶら下がっています。これを食べにやってくる鳥もいるようです。

ミゾソバもひっそりと優し気に咲いています。

時節柄、通り雨が降ることもあります。

サロベツ湿原へお越しの際は傘も無料で貸し出しておりますのでお気兼ねなくご申しつけ下さい。

勿論晴れの日もあります。花の千秋楽、湿原の秋を感じにぜひお越しください。

(文・インターン 長田)

過去の記事