サロベツの大地とあなたを結ぶ

4月8日、豊富町の冠水した牧草地でマガン共に採食するカリガネがいました。


カリガネはマガンとそっくりなので、近い距離にいなければ探し出すのは大変ですが、マガンの大きな群れをゆっくり探すと意外と
混ざっていることがあります。この時も、周囲の牧草地には15~20羽のカリガネがいました。

マガンと違う点は、目の周囲に黄色い模様(アイリング)があること、嘴がより赤っぽい事、額の白い部分がより広いことなどが特徴です。
もしマガンの群れを見つけた際には、この珍客が混ざっていないか探してみてはいかがでしょうか?

川﨑

コメントは受け付けていません。