サロベツの大地とあなたを結ぶ

4月8日、川沿いのササ原を飛ぶチュウヒ雌の姿がありました。南の越冬地から無事にサロベツに帰ったようです。
近くには白っぽい雄もいたのでもしかすると番なのかもしれません。

よく見ると、喉元のそのう(食物を一時的に貯める箇所)が膨らんでいるので食事の後のようです。


独特のV字飛行をしながら獲物を探しているようでした。

川﨑

コメントは受け付けていません。