サロベツの大地とあなたを結ぶ

先週末に一度積もった湿原センター周辺の雪は、すぐにとけました。

木道もこの通り、スニーカーで気軽に散策出来ます。

雪の下からは、ネズミの穴が現れました。冬の間、雪と地面の隙間にトンネルを掘って行き来していたようです。

こちらはタラノキの芽。冬芽はまだ固く閉ざされています。

こちらでは湿原からキノコが生えてきていました。

木道をさらに先に歩いていきます。春の柔らかな日差しが心地よいです。

ミズゴケの赤ちゃんが顔を出していました。茶色の世界に鮮やかな黄緑色が綺麗です。

雲の隙間に、まだ真っ白な利尻山の姿が見えました。

ベンチに座って遠くを眺めると、サロベツの春の名物「蜃気楼」が見えます。

展望デッキの下の氷もついにとけました。もう少しするとエゾアカガエルが産卵に集まります。

外周と内周の木道は、ほぼ雪がとけたので散策は可能です。

ただ、ベビーカーや車いすの方は、一部に雪が残っているため、途中までのご利用となります。

雪の上にエゾユキウサギの糞がありました。

ハンノキの花もそろそろ咲きそうます。

ミズバショウも徐々に蕾が大きくなってきました(左の白い部分)。

エゾニワトコの蕾も、前より膨らんできています。

一周回って、センターに戻ってきました。木道の下からは「ピチャン」「ポチャン」と水音が聞こえてきます。

最後は大きなフキノトウが土の中からいくつも顔を出し、春の訪れを感じられます。まだ風が冷たいので、防寒対策をしっかりされて、お越しください。

コメントは受け付けていません。