サロベツの大地とあなたを結ぶ

4月3日(水)、調査の下見を兼ねて天塩の振老沼へ行ってきました。

ガンカモ類のねぐらの一つとなっている振老沼。

今年は雪解けが早まり、たくさんのオオヒシクイやマガンが飛来しています。

ねぐら入りの様子を観察していると、さらに増えてきました。

ハクチョウ含め、これから一回目の飛来ピークを迎えそうです。

G

コメントは受け付けていません。