サロベツ湿原だより4月号&最近の様子

  • 2019年04月01日
  • 自然情報

サロベツ湿原だより4月号&最近の様子

サロベツ湿原だより4月号は、春の渡り鳥特集です。

さて、今年は雪どけが早く、木道上もかなり靴で歩けるようになってきました。一見茶色に見える湿原ですが、よく見てみると北国の春の兆しを感じます。

緑鮮やかなミツバオウレンの葉を発見しました。三つ葉なのでわかりやすいですね。お花が咲くのは例年5月末~6月初旬です。

なんとサワギキョウの芽もありました。こちらは例年8月中旬~9月初旬に咲く花ですが、今から芽を出すのですね。

ヤチヤナギ(雄花)のつぼみが大きくなっています。

遠くの空から賑やかに鳴く声が聞こえ、見上げるとマガンが隊列を組んで通過していきました。

今年は雪どけが早いため、春の渡り鳥達は早々にサロベツへ渡ってきています。

遠くに蜃気楼が見えました。春の蜃気楼もサロベツ名物です。

ヤチボウズがポコポコと見えます。今の時期は草が無いのでわかりやすいですね。

ハンノキの花穂が長く垂れてきました。

ミズバショウが雪や薄氷の間から伸びてきていて、たくましさを感じます。

湿原の目覚めのこの時季、春の木道散歩も気持ちが良いです。大きな空と広い大地を感じにお越しください!

過去の記事