サロベツの大地とあなたを結ぶ

2月16日に豊富自然公園にキバシリがいました。

キバシリは体の色のようなでこぼこした樹皮の幹を縦にとまりながら移動すると思っていました。

このため、シラカバのような白い樹皮の木の斜めに伸びた枝で移動するところを初めて見ました。

シジュウカラもいました。

あごから腹にかけてつながっている黒い帯は下から見るとお尻のあたりで途切れていました。

下から見ると白と黒がとても対照的な違う鳥に見えました。

近くにハシブトガラもいました。

長谷部

コメントは受け付けていません。