サロベツの大地とあなたを結ぶ

少し前の話ですが、3月2日抜海港の岩場にハギマシコの20羽程の群れが来ていました。

雪のない場所に降りて来ては、盛んに植物の種子などを食べているようでした。


ところで、このハギマシコ英語名では(rosy:バラ色の)という意味が入ります。
全体に黒っぽいのでどこがバラ色?とも思いますが、由来は腹のあたりにあるピンク色の模様が
バラの花びらのように見えるからなのだそうです。いわれてみれば、そんな気もしますね。

川﨑

コメントは受け付けていません。