サロベツの大地とあなたを結ぶ

12月23日(日)、サロベツ湿原センターで「おもちつき&フォトフレーム作り」を開催しました。

なまら!!サロベツ∞クラブ、さろママの会をはじめ幌延・豊富地域の方々、その他近隣町村から、63名のご参加がありました。

豊富高校ボランティア同好会の学生もスタッフとして参加してくれました。

まずはフォトフレーム作りから開始しました。

フォトフレームは段ボールを下地とし、湿原センターの木道で伐採したヤナギの枝をフレーム状にボンドで貼り付けていきます。
そしてフレームの周りにクリスマスらしい飾りや松ぼっくりなどの自然素材を付けて完成させました。

大人の方々も真剣に作成しており、クオリティの高い作品を作成していました。

フォトフレーム作り後は、いよいよおもちつきです。

よいしょー!の掛け声のもと、子どもも大人も力強くお餅を突いていきます。

出来立て突き立てのお餅が完成すると、みんなでお食事会です。
お雑煮、お汁粉、あんこ餅、きなこ餅、磯辺焼きなどいろいろな種類の食べ方で、
それぞれ食事を楽しんでいました。

その他、サロベツ湿原のPRも兼ねて、
スタッフによる日頃の活動やサロベツ湿原に生息する貴重な野鳥の報告、
そして写真展なども行いました。

こういったイベントを通して、湿原センターへ足を運んでいただき、
サロベツ湿原に少しでも興味を持っていただけるきっかけ作りにもつなげていければと思います。

今年も、サロベツ・エコ・ネットワークは
会員の皆様、地域の皆様、多くの方々に支えられて
様々な活動を行うことができました。

いつも変わらぬ皆様のご協力、ご支援に、心より感謝致します。
誠にありがとうございます。

来る2019年が、皆様のとってよき年となりますよう
心より、お祈り申し上げます。

今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします!

NPO法人 サロベツ・エコ・ネットワーク 一同