サロベツの大地とあなたを結ぶ

9月26日の朝靄の中、幌延町の沼にタンチョウが一羽たたずんでいました。

その静寂の中、タンチョウ3羽が舞い降りてきました。

その3羽は親子でした。

元々いた単独のタンチョウを、親子の親が追っています。

かみつきました。

単独個体が去り、親子はのんびりしていました。

タンチョウの幼鳥はダイサギと一緒にいました。

そんな中、ツルの親子がツルシギの群れと遭遇しました。

親子は歩き始めました。

幼鳥もしっかりとついていきます。

またツルシギの固まりがきました。

周りにはカモもいて、後ろの木にはオジロワシがとまっていました。

長谷部

コメントは受け付けていません。