サロベツの大地とあなたを結ぶ

すっかり秋になった湿原センターの木道にまだ夏鳥が残っていました(9/20)。

草が繁茂しているので見えにくいですが、夏鳥たちがまだまだ残っていました。

ナガボノシロワレモコウにとまるノビタキ。

ヤナギの木にもとまっていました。

地味な色ですが、ベニマシコがいました。

何か餌を食べていました。

ホオアカもいました。

茂みの中にアオジがいました。

カワラヒワは何かの種を食べていました。

長谷部

コメントは受け付けていません。