サロベツの大地とあなたを結ぶ

11月9日、またまたオオヒシクイと行動する2羽のチュウカナダガンに逢えました。
9/27に今季初めて確認し1か月以上経過しているので
とっくに越冬地へ旅立ったものだと思っていましたが、今期は長く滞在しています。


今季は2羽で飛来しているのですが「なんとなく、並んだ際の印象が少し違うな~。」と思っていたので、写真を見比べてみました。
顔の白い部分の大きさと形が違うように見えるのですが、いかがでしょうか?

上の写真では、左の個体の方が顔の白色部が大きく、右の個体はそれと比べると白色部が狭く見えませんか?(角ばっているようにも見えますが・・・)
ちなみに下の写真2枚は去年撮影した個体です。今年も去年と同じ個体が飛来しているとすれば、どちらなのでしょうか?
個人的には白色部が角ばっているように見えるので、上写真では右の個体では?と思っているのですが・・・。


川﨑

コメントは受け付けていません。