サロベツの大地とあなたを結ぶ

9月11日の朝靄がかかった兜沼の様子です。

どういう訳かこの日は沼にいるヒシクイの数が少ないです。

沼にはタカブシギもいました。

耳をすましてみると、対岸からガヤガヤ声がします。

ぐるっと回って対岸の道に行ってみるとたくさんのヒシクイが牧草地で餌を食べていました。

長谷部

コメントは受け付けていません。