サロベツの大地とあなたを結ぶ

8月3日に豊富町の砂丘林の沼にアカエリカイツブリがいました。

もう8月だというのに、巣に座っていました。抱卵中のようです。

別の巣です。こちらもずっと座っていました。

すぐそばには親子がいました。ヒナが2羽です。

親が餌(くちばしの先)を運んでいました。

サロベツでアカエリカイツブリが近年ほとんど繁殖しなくなるなかで、一日に3つがいも見つけたことはとても嬉しいことです。
しかし、そのうち2つがいはもう巣立つ頃の8月になっても抱卵中だったので、繁殖が成功するかとても心配です。

長谷部

コメントは受け付けていません。