サロベツの大地とあなたを結ぶ

9月17(祝・月)・23(日)・24(祝・月)・30(日)に、「サロベツ湿原バックヤードツアー」が開催されます!

各回定員に余裕がありますので、お気軽に湿原センターまでお申し込みください。

<サロベツ湿原バックヤードツアーとは?>
普段は立入禁止の調査用木道を当法人のガイドが引率し、湿原の魅力に触れながら、
自然再生の取り組みをご紹介する特別企画です。


今後のツアー実施スケジュールです↓
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
○お申込み:サロベツ湿原センター
      TeL 0162-82-3232
      e-mail center@sarobetsu.or.jp

○時 間: 9:45~12:15

○集 合: サロベツ湿原センター エントランス 9:45

○開催日: 9月→ 17(祝・月)、23(日)、24(祝・月)、30(日)
     10月→ 6(土)、7(日)、14(日)、21(日)、28(日)
※やむを得ない事情により、開催日が急きょ変更になる場合がございますので、
 事前にホームページで最新状況をご確認下さい。

○対 象: 高校生以上、定員10名(事前申込制・先着順)

○その他: 足元が悪いため、汚れても良い動きやすい服・靴・雨具 ※調査用木道を往復約3km歩きます
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 

参考までに、9/15に実施したツアーの様子をご紹介いたします。
まず、泥炭産業館にて、かつての泥炭採掘の歴史について紹介します。


木道に入る際の注意事項を説明した後、ガイドを先頭に調査用木道へ!
湿原はすっかり秋の装いで黄金色に変わりつつあります。秋のお花のミヤマアキノキリンソウが綺麗です。


バックヤードはエゾリンドウよりも、湿原型のホロムイリンドウが多く見られるようです。


木道を1kmほど歩くと、採掘跡地の裸地に到着します。
この場所では植生の回復を促すネットが張られており、参加者の皆様にはネット貼りの体験をしていただきました。


さらに先へ行くと採掘跡地の水面が広がっています。


ツルコケモモは真っ赤な実をつけています。キタキツネ達の好物です。


このツアーは広~い湿原を独り占めできる贅沢なツアーです。この日は運がよく、渡り鳥のオオヒシクイの群れが見られました。

少しでもご興味をお持ちの方は奮ってご参加ください!お待ちしております!!