サロベツの大地とあなたを結ぶ

サロベツはここ数日、秋の澄んだ晴れ渡った空が広がっています。湿原のラストを飾る、黄色と紫色の花が咲いています。


エゾリンドウの湿原型、ホロムイリンドウです。晴れた日に、控えめに咲いてくれます。


ミヤマアキノキリンソウが秋の湿原に彩を添えてくれています。


ウメバチソウです。今年はウメバチソウの当たり年で、あちらこちらで見ることができます。


ミゾソバは林内で見られます。シマリスが近くにいることもあるので、静かに探してみてください。


ヤチヤナギはもう冬芽をつけています。これから葉を落として厳しい冬に備えます。


秋の深まりと共に、黄金色に変わりつつある湿原の草が風に揺れ、秋の虫たちが鳴いています。木道をのんびり歩いて、思いきり深呼吸するとリフレッシュしますよ。風は冷たくなってきているので、暖かい格好でお越しください。