サロベツの大地とあなたを結ぶ

7月17日に豊富町のサロベツ原野にチュウヒがいました。

ここでは雌がうろうろしていましたが、雄が餌を運び雌が巣にいるのが健全な状態です。

近くにはオジロワシがいました。

両種は同じ環境を利用していることが多いです。チュウヒにとってはヒナを獲られるかもしれない危険な存在です。

長谷部

コメントは受け付けていません。