サロベツの大地とあなたを結ぶ

7月6日に豊富町のサロベツ湿原にマキノセンニュウがいました。

ヤチヤナギの上にとまった小鳥がいたので、ノビタキかと思って双眼鏡を覗いてい見ると、マキノセンニュウでした。

普段は藪の中に隠れて鳴いているだけでその姿は見えませんが、このときはヤチヤナギの梢にとまってしばらく羽をばたばたさせていました。

長谷部

コメントは受け付けていません。