サロベツの大地とあなたを結ぶ

サロベツは6/10の朝に気温が氷点下となり、遅霜の影響がお花に出ています。
今年、エゾカンゾウは湿原内でぽつりぽつりと咲いています。

これから夏に向けて、湿原のお花は次入れ替わりの時期を迎えています。


一方、稚咲内(ワカサカナイ)周辺の海岸草原では遅霜の影響を受けておらず、只今見頃で綺麗に咲いています。エゾカンゾウをご覧になりたい方は、オロロンライン(道道106号線)の方へも是非足をのばしてみてください。


木道では、カキツバタが見頃となり優美に咲いています。


貴重なランの仲間も咲き始めました。トキソウです。


さらにさらに貴重な、高層湿原に咲くサワラン(アサヒラン)です。


晴れた日に咲くハナニガナです。


高層湿原に咲くツルコケモモ。ひっそり群生しています。



早野

コメントは受け付けていません。