サロベツの大地とあなたを結ぶ

4月4日に豊富町阿沙流のサロベツ川が氾濫し、牧草地には大きなみずたまりができていました。

そこにはハクチョウ類が羽を休めていました。

オオハクチョウとコハクチョウが一緒にいました。コハクチョウのほうが小さいです。

雪が浮いているように見えますが、頭をつけてハクチョウが餌を探しているようです。

長谷部

コメントは受け付けていません。