サロベツの大地とあなたを結ぶ

3月26日に天塩町の振老沼にガン・ハクチョウ類がいました。

サロベツの春はここからやってきます。振老沼はいち早く雪が融けるため、最も早くガン・ハクチョウの中継地になります。

道北エナジーによる幌延町の浜里地区に風車が建設されると、ここからみた利尻山の前に風車が立ち並ぶことになります。
浜里の風車については こちら

沼にはヒシクイが最も多く、オオハクチョウ・コハクチョウ・マガンがいました。

しばらくすると採餌に出かけていたヒシクイが戻ってきました。

長谷部

コメントは受け付けていません。