サロベツの大地とあなたを結ぶ

3月29日に再び宗谷岬に行き、ワシの北帰行を観察してきましたので、
その様子を紹介いたします。

前回(3/20)と比べると、風もそれほど強くなかったので、群れで旋回上昇し、
タカ柱になる様子も見られました。

十分に高度を上げ、風をつかんだ個体からサハリンを目指し飛んでいきました。

前回は若鳥は少ない印象でしたが、今回はだいぶ若い個体も多くなっていました。
まずオオワシの幼鳥です。全体的にまだ黒っぽいですね。

こちらもオオワシですが、幼鳥と比べて白い部分も多いので、
おそらく2~3歳でしょうか?

オジロワシの若い(2~3歳?)個体です。

こちらはオジロワシの成鳥です。
頭が白ぽっぽくなり美しいですね。

宗谷岬では4月中旬ごろまでワシやタカ類の渡りが見られます。
特に、天気がよく北寄りの風が吹く日は多くのワシ達が見られると思いますので、
今の季節はぜひ、宗谷岬に出かけてみてください!!

川﨑

コメントは受け付けていません。