サロベツの大地とあなたを結ぶ

3月10日(土)、豊富町教育委員会、豊富町観光協会、そして当法人の3者で共催する「サロベツ☆スノーハイク」を開催しました。このイベントは今年が2回目で、兜沼公園を会場に歩くスキーとスノーシュー散策を行いました。

歩くスキーは約30名、スノーシューは約20名の参加がありました。さらに関係スタッフ約20名で運営しました。開会挨拶の後は準備体操。そして指先と頭の体操?皆さんニコニコしながらも悪戦苦闘です。

当法人はスノーシューガイドを担当しました。雪景色の兜沼公園はいつもと雰囲気が違います。

エゾイタヤ(カエデ)の種を飛ばしたり、ホオノキの実を観察したり、巨木に抱きついたりしながら沼へ向かって歩きます。

木々の間に雪に覆われた沼が見えてきました。あと少しです。

ついに兜沼に出ました。周囲約7kmの沼の上には真っ白な世界が広がっていました。

利尻島も雲の上に少しだけ頂上が見えていました。どこだかわかりますか?

雪を掘ってみると30cmほど下は水面でした。意外ととけてきているようです。

記念に集合写真をパチリ。一応、背景に利尻山も入っているはず(?)です。

そのあと、晴れ渡った沼の上でホットドリンクをいただきました。贅沢な時間です。

ふと見上げるとオジロワシの綺麗な成鳥がペアで上空を旋回。賑やかな様子に誘われて様子を見に来たようでした。

スノーシューを歩き終えて兜沼小中学校に移動すると美味しいココアとジンギスカンが待っていました。
ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。ぜひまた来年もお越しください。

今年も兜沼小中学校や地域の方をはじめ、たくさんの方々にご協力いただき実施することができました。
改めて関係する皆さまに感謝申し上げます。