サロベツの大地とあなたを結ぶ

以前当HPで豊富町の森にギンザンマシコの群れが飛来していることを紹介しましたが、
群れはまだ滞在中のようで、先月28日にも見ることができました。
最初に観察できたのは2月8日だったので、少なくとも3週間は滞在していることになります。

今回は前回と違い、運よく水浴びをする場面に出会えたので
その様子を紹介したいと思います。

こちらはオスです。
雪景色に美しい赤い色が映えていました。

続いてはメスとオスです。
雌は雄と比較すると地味ですが、ギンザンマシコの雌は黄色味がかっていて綺麗な鳥だと感じました。


通常ギンザンマシコは高山や針葉樹林で見られることが多い鳥なので
氷の上に降りている様子は新鮮に感じました。
いつまで滞在するかはわかりませんが、もう少し観察できるといいなぁ。と思っています。

川﨑

コメントは受け付けていません。