サロベツの大地とあなたを結ぶ

この度、日本フィランソロピー協会を通じて、株式会社ゆうちょ銀行様から「ゆうちょ エコ・コミュニケーション」と題して、寄附金が贈呈されました。

「ゆうちょ エコ・コミュニケーション」とは、環境保全活動に地域住民とともに取り組む団体を支援することで、ゆうちょ銀行と地域社会・地域住民の相互コミュニケーションを深め、地域社会の持続的発展に貢献することを目指す取り組みです。

全国で環境保全活動に取り組んでいる13の団体に贈呈され、道内からは当法人が選出されました。

贈呈式は2月3日(火)10時から湿原センターで行われ、ゆうちょ銀行北海道エリア本部の
松原副本部長様より、当法人の田中副代表に目録を贈呈していただきました。


関係者での記念撮影も行いました。
左上から当法人の吉原主査、嶋崎次長、ゆうちょ銀行本社広報部担当部長の田中様、
左下から豊富郵便局局長の泉様、当法人の田中副代表、ゆうちょ銀行北海道本部副本部長の松原様です。

贈呈式の後には、寄附金活用事業の紹介ということで、サロベツ湿原の現状や動植物の紹介をさせていただきました。

豊富郵便局の泉様、株式会社ゆうちょ銀行の松原様、米陀様、田中様、
この度はお忙しいなか、湿原センターまでお越しくださり誠にありがとうございました。
この場をお借りして厚くお礼申し上げます。