サロベツの大地とあなたを結ぶ

7月26日にサロベツにチュウヒの雌がいました。
横

抱卵を始めると雌は巣にいて、目にすることはほとんどありません。
斜め

しかし、幼鳥が巣立つと雄はどこかへ行ってしまい、雌を見かけるようになり、雌が巣立った雛に餌を運んでくることもあります。
下

長谷部

コメントは受け付けていません。