サロベツの大地とあなたを結ぶ

タンチョウはといえば根室や釧路で見られるイメージをお持ちの方も多いかと思います。
しかし、繁殖期は道東以外でも確認されており、サロベツ地域でも数つがいが繁殖してくれています。

DSC_1950

夏のタンチョウは人が近づけない湿原の奥地などで子育てをしているので姿を見ることは滅多にありませんが、秋になり牧草畑やデントコーン畑の収穫期を迎えるころ、成長した子供を連れた親子を見る機会が多くなります。

真ん中の茶色の個体が幼鳥です。
DSC_1764-2

DSC_1857-2

もう親と同じくらい大きいですね。
DSC_1914

親鳥との飛翔(左が親、右が幼鳥)
DSC_1955-2

DSC_1957-2

サロベツのタンチョウは11月ごろ、道東地域に越冬のため渡っていきます。
来春、無事に戻って来てくれると良いですね。

川崎

コメントは受け付けていません。