サロベツの大地とあなたを結ぶ

季節が秋へと移ろうなか、サロベツでは日増しにオオヒシクイの個体数が増加しています。
DSC_1304 (1)

9月23日に当地域のガン類の個体数をざっと数えてみましたが全体で約5000~6000羽は飛来しています。
秋のサロベツで見られるガン類は、ほとんどがオオヒシクイでマガンは春に比べ飛来数が少なく、飛来数のピークもオオヒシクイが9月中旬~下旬なのに対しマガンは10月上旬~中旬頃がピークなので少し遅れて飛来します。
ちなみに、今秋の初認日はオオヒシクイが8月25日、マガンが9月16日でした。

DSC_1211 (1)

DSC_1322 (1)

この日も数はまだ少ないですが、マガンがヒシクイの群れに混ざって飛来していました。
DSC_1637 (1)

川崎

コメントは受け付けていません。