サロベツの大地とあなたを結ぶ

豊富町シンポジウムちらし

シンポジウム「地域の自然のための風力発電とは」のご案内です。

はじめに講演する飯田哲也氏は、長らく原子力村の問題や福島原発事故、自然エネルギーなどのエネルギー問題に長年取り組んできた方です。

飯田哲也氏略歴:京都大学工学部原子核工学科、東京大学大学院先端科学技術研究センター博士課程単位取得満期退学。NPO法人環境エネルギー政策研究所所長、(株)日本総合研究所主任研究員、ルンド大学(スウェーデン)客員研究員。自然エネルギー政策を筆頭に、市民風車やグリーン電力など日本の自然エネルギー市場における先駆者かつイノベータとして、国内外で活躍している。中央環境審議会、総合資源エネルギー調査会、東京都環境審議会などを歴任。主著に『北欧のエネルギーデモクラシー』、共著に『自然エネルギー市場』(築地書館)、『光と風と森が拓く未来―自然エネルギー促進法』、『環境知性の時代』、訳書に『エネルギーと私たちの社会』など。

【日時】2017年10月15日(日)10~13時(開場9:30~)
【場所】天塩郡豊富町定住支援センター ふらっと☆きた(多目的ホール)*豊富町役場の裏にあります。
【申込・参加費】申込不要,参加無料
【講演内容】

■第一部:講 演
○自然と地域と調和する自然エネルギーによる持続可能なエネルギー社会に向けて
(環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也)
○風力発電を対象とした環境アセスメントにおける合意形成への課題
(東京都市大学 講師 北村 亘)
○風力発電計画と地域の自然環境
(サロベツ・エコ・ネットワーク 長谷部 真)
○景観と人の暮らし
(とんこり堂 稲垣 順子)

■第二部:討 論
○コーディネーター:浦 達也
○パネリスト:飯田 哲也・北村 亘・長谷部 真・稲垣 順子

【主催・問い合わせ先】(公財)日本野鳥の会 自然保護室 主任研究員 浦 達也(うら たつや)
 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-9-23丸和ビル Tel:03-5436-2633 E-mail:ura@wbsj.org
【共 催】日本野鳥の会 道北支部
【協 力】NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク
【助 成】(独)環境再生保全機構 地球環境基金

詳しくは下記をご覧ください。
豊富町シンポジウム.pdf

多くの方のご参加をお待ちしています。