サロベツの大地とあなたを結ぶ

5月20日にはサロベツのガン・ハクチョウ類の渡りも終わり、オジロワシの調査をしていました。

そばの牧草地でカラスがざわついていました。よく見るとオジロワシがいました。
オジロワシ

オジロワシは何かを持って運ぼうとしていました。よく見るとマガンの幼鳥のようです。
マガン

カラスに騒がれたからか、結局オジロワシは餌を持たずに去ってしまいました。

近くにはチュウヒも飛んでいました。
チュウヒ

長谷部

コメントは受け付けていません。