サロベツの大地とあなたを結ぶ

7/1(土)、サロベツ湿原センターにて北海道爬虫両棲類研究会の徳田氏が
北海道内に生息する爬虫類や両生類のお話をして下さいます。

コモチカナヘビ

========================

2017年7月1日 13時30分~15時30分
場所:サロベツ湿原センター
〒098-4100
北海道天塩郡豊富町上サロベツ8662番地

演題 北海道の両生類爬虫類(道北版)
道民参加型両生類爬虫類分布調査ハープソン
講演者 徳田龍弘氏

内容
★道北地域で見られている両生類と爬虫類の解説
★地域個体傾向とコモチカナヘビ
★ハープソンの意義とやり方の説明

<北海道爬虫両棲類研究会サイト>
http://koke-koke.com/Kamui/archives/1006

<ハープソンのパンフレット>
http://koke-koke.com/Kamui/wp-content/uploads/web_panf_herp.pdf
=========================

当日は講演の後にヘビやトカゲの抜け殻を用いて
実際に爬虫類の体を見るデモンストレーション的なお話をして下さる予定です。

両生類や爬虫類にご興味がある方々も、それほどでもない方も
ぜひこの機会に色々お話を聞いてみませんか?

講演者略歴
 徳田 龍弘 氏
札幌市生まれ。ヘビを中心に野生動物の写真を撮影するフォトグラファ。北海道爬虫両棲類研究会会長、ばいかだWILD-PHOTO主宰、獣医師。

web_panf_herp_ページ_1

web_panf_herp_ページ_2