サロベツの大地とあなたを結ぶ

4月29日(土)、今年度1回目のなまサロがキックオフ!!
サロベツの風物詩の一つでもあります、春の渡り鳥観察会と兜沼散策を行いました。

まずはサロベツ湿原センターで渡り鳥についてのレクチャーです。
①なぜ渡るのか
②夏鳥・冬鳥・留鳥・迷鳥について
③サロベツに渡って来る渡り鳥について
④ラムサール条約についてなど、少しおさらいをしました。
IMGP6370

レクチャー後はいよいよ渡り鳥観察へ!
まずは牧草地周辺に数万羽のマガンの群れを発見したので観察しました。
マガンとオオヒシクイの違いなどをじっくり観察することができました。
IMGP4414

IMGP4418

さらに牧草地を北へ進むと兜沼公園に到着!早速散策開始です。
IMG_5241
兜沼が見渡させるポイントまで移動すると…
IMGP4426
対岸にマガンの群れを発見!!その他、オオハクチョウやキンクロハジロなどがいました。

さらに兜沼の奥地へ行ってみると…水辺に何かを発見!!
IMG_5249
エゾアカガエルの卵がありました。春って感じです。
IMG_5250

兜沼公園は巨木の森があることでも知られています。
そんな巨木の一部に穴が開いており、何と中へ入ることができました。
IMG_5258
IMG_5268

小窓付きのワンルームです。
IMG_5262

ミズバショウの群落もありました。水辺が白く染まってとっても綺麗でした。
IMG_5277

<以下、活動中に確認できた野鳥や動物など>
マガン、ハクガン、オオハクチョウ、キンクロハジロ、タンチョウ、カンムリカイツブリ、オジロワシ、マガモ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、アカゲラ、ゴジュウカラ、エゾユキウサギ