サロベツの大地とあなたを結ぶ

2016年11月5日に香港のロングバリーというところに鳥の観察に行きました。

ロングバリーは香港で唯一米を作っているところで、有機栽培による多自然型農業をやっています。
いわゆる里山的な場所です。

マイクロバスに揺られて着いたところの木に黒い鳥がいました。オニカッコウです。
オニカッコウ雄

これは何だろうと悩みました。尾が長いのでカッコウの仲間だとわかりました。実はこの鳥オニカッコウの雌でした。雄とは全然模様が違います。オニカッコウ

ロングバリーでは湿性の作物を栽培していました。早速セイタカシギがいました。
セイタカ

群れて飛んでいました。
セイタカ飛び

まだみたことのないソリハシセイタカシギが普通にいました。
ソリハシセイタカ

ソリハシセイタカとソリハシが一緒にいました。
ソリハシ+セイタカ

こちらにはバンやシロハラクイナが隠れていました。シロハラクイナを見たのは初めてです。
バン

シロハラクイナ

これも見たことがかったタカサゴモズ
タカサゴモズ

北海道では珍鳥のアカガシラサギです。
アカガシラサギ

北海道でなじみの鳥もいました。ハクセキレイです。しかし、この鳥は亜種ホオジロハクセイキレイでした。
ホオジロハクセキ

なんとツメナガセキレイがいました。
ツメナガ

ノビタキもいました。北海道から来たのかもしれません。
ノビタキ

お目当てのシマアオジを見ることができました。ライスバードと呼ばれているとおり、田んぼにいました。
シマアオジ

長谷部

コメントは受け付けていません。