サロベツの大地とあなたを結ぶ

稚内周辺の宗谷・留萌地方ではたくさんの風車の建設計画があります。
例えば以下を参照
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=912014

私たちは風車建設による様々は懸念をいだいていますが、その1つは利尻富士が見える景観に風車がかかることです。

それは今後そのような風景が現れることに対する不安でした。

しかし、残念なことのそのような景観はすでに存在していることがわかりました。
白

それは大沼のバードハウスからの景観でした。稚内市が建設したものだそうです。その風車ができた頃はきっと今のような環境影響評価の制度がなかったのでしょう。
赤

メグマ沼の木道からも同様の風景が見えます。

この大沼バードハウスからの景観は、近々来る予定の今ある風車が耐用年数に達することで回復することを期待します。

8月3日に稚内市で開催される北海道主催の公聴会で意見を述べてきます。

はせ

コメントは受け付けていません。