サロベツの大地とあなたを結ぶ

4月2日にカブト沼にガン・ハクチョウがいました。

カブト沼の沼開けが遅く、この日もまだ全面凍結の状態でした。氷の上にオジロワシの幼鳥がいます。
凍結

しかし、遠くのほうから、ハクチョウやヒシクイの鳴き声がしました。

声のするほうを探してみると、オオヒシクイの群れを発見しました。
オオヒシ発見

こちらを警戒しているようだったので、他の気づかれにくい場所に移動して観察することにしました。
警戒

よく見るとオオヒシクイ、マガン、オオハクチョウ、コハクチョウがたくさんいました。マガモも混じっていました。沼本体ではなく、流れ込む川沿いに春に一時的に発生した湿地にいるようです。
ねぐら

マガンです。
マガン飛び

飛び立ちました。
飛び

飛び2

賑やかな春がやってきました。

はせ

コメントは受け付けていません。