サロベツの大地とあなたを結ぶ

平成26年8月30日(土)に環境省稚内自然保護官事務所の主催で「サロベツ・エコモー・ツアー2014 豊富ビジターセンター跡地は今!? ~サロベツが誇る最上質の高層湿原と、忍び寄るササ前線」が開催されます。

豊富ビジターセンター(正式名:サロベツ原生花園自然教室)の周辺では、国立公園指定直後の昭和50年に木道が整備されたのを始まりとして、昭和61年には「豊富ビジターセンター」が整備され、サロベツ地区を訪れる多くの方々に湿原のなりたちや自然の情報を紹介してきました。しかし、湿原の上に盛土して整備されたため、地下水位の低下を招き、周辺の湿原植生への影響が懸念されていたため、サロベツ湿原における自然再生の取り組みの1つとして、平成23年4月に機能を「サロベツ湿原センター」に移転し、跡地を湿原植生に戻すための自然再生事業が進められています。
このツアーは、普段は一般の立ち入りを禁止している調査用木道をご案内し、その自然再生の最先端を見学するツアーです。

数少ない機会ですので、是非お申込みください。

開催日時等の詳細は下記のとおりです。

■日時:平成26年8月30日(土) 9:30~12:00
※荒天の場合、翌日(8月31日(日))に延期
■参加費:無料
■定員:15名
■申込期限:平成26年8月27日(水)
■持ち物・服装:防寒着(汚れても良い、動きやすい服装)、雨具、長靴(数量限定ですが、貸し出しも可能です)
■申込先:サロベツ湿原センター tel 0162-82-3232 fax 0162-82-1009 e-mail center☆sarobetsu.or.jp (☆を@に書き換えてご使用ください)
■主催:環境省稚内自然保護官事務所

140830サロベツ・エコモー・ツアー(原生花園跡地)チラシ
PDF版チラシ

また今後、サロベツ・エコモー・ツアー2014として、9月13日に「泥炭採掘跡再生地」、10月4日に「落合沼再生地」を巡るツアーを実施しますので、ご期待ください。

このツアーは「利尻礼文サロベツ国立公園指定40周年記念事業」として実施しています。