サロベツの大地とあなたを結ぶ

平成25年10月19日(土)に環境省稚内自然保護官事務所の主催で「サロベツ・エコモー・ツアー2013~よみがえれ湿原!サロベツの泥炭採掘史と湿原の今を巡る~ 」が開催されます。

サロベツ湿原センターの南東部では、1970年から2003年までの間、湿原の泥炭採掘が行われ、畑などで用いる土壌改良材などが生産されていました。泥炭採掘は、採掘開始時の高層湿原面積の約16%に当たる150haあまりの範囲におよびました。

現在では、泥炭採掘跡地に湿原の植生を再生するため、環境省などによる自然再生事業が行われています。

そこで今回は、普段は立ち入ることができない調査用木道を特別に通行し、サロベツ湿 原センターの南東部にある「泥炭採掘跡地」と、現在もサロベツで 泥炭採掘が 行われている「日甜豊富工場」を見学します。

とても貴重な機会となっておりますので、是非お申し込み下さい。

開催日時等の詳細は下記のとおりです。

■日時:平成25年10月19日(土) 13:00~16:00頃まで

※荒天の場合、翌日(10月20日(日))に延期

■参加費:無料

■定員:15名

■申込期限:平成25年10月18日(金)

■持ち物・服装:防寒着(汚れても良い、動きやすい服装)、雨具、長靴(数量限定ですが、貸し出しも可能です)

■申込先:サロベツ湿原センター tel 0162-82-3232 fax 0162-82-1009 e-mail?center@sarobetsu.or.jp

■主催:環境省稚内自然保護官事務所

?131019サロベツ・エコモー・ツアー(泥炭採掘跡地)チラシ