サロベツの大地とあなたを結ぶ

infohase01 長谷部 真(ハセベ マコト)
ハッセ
担当業務 環境保全業務
(動植物調査 外来生物駆除 公園利用ルール検討 施設維持管理など)
資格など 技術士(環境部門) 生物分類技能検定2級(動物部門) 学芸員 普通救命講習修了
サロベツのオススメ (場所、もの、こと) サロベツ原野を形成する源となる地下水は、湿原と丘陵との境からこんこんと湧き出しています。春になると雪解け水により川が氾濫し、北へ渡っていく水鳥たちの格好の休憩場所になります。
趣味・特技 シーカヤック、テレマークスキー
好きな鳥

ウミスズメ

海の沖合にいて普段見かけることがない海鳥。鳥なのに海で潜ることもできます。ほぼ一生を海の上ですごしますが、鳥であるためどうしても1年に1回卵を産むために陸上に上がらなければなりません。鳥なのに飛ぶことが苦手なウミスズメは陸上動物が近づけない離島の崖の隙間を巣に選びました。恐ろしいのは陸上動物だけではありません。陸鳥や飛ぶことが得意なカモメが狙っています。ウミスズメは巣に戻るのは夜中だけにし、子育ては海ですることにしました。そんな遁世的な海鳥はサロベツ沖にも人知れず生きています。

好きな花

エゾノリュウキンカ

この花が咲くと新緑や夏鳥などの楽しい季節の幕開けです。特に山間の小さな清流の脇に咲くエゾノリュウキンカを見ると嬉しくなります。

一 言 東京のベランダから高層ビルが見えるところで育ちました。北海道に移住してから12年、サロベツへ来る前は北海道海鳥センターで天売島のウミガラス、ケイマフリ、ウミスズメなどの海鳥調査をしていました。サロベツは天売島より100kmほど北になりますが、植生や鳥相が異なり、その広さに圧倒されています。