お知らせ

【案内】今年もバックヤードツアーを開催します。(7/4土~ 毎週開催)

お知らせ記事作成日:2020.6.21
担当:管理者

今年もいよいよ毎年恒例のバックヤードツアーの季節がやって来ました!!

そもそも、バックヤードツアーとは何だろう?という方のために説明いたしますと、
普段は立ち入り禁止となっている調査用木道を特別にガイドと歩いて湿原の奥へと向かい、
サロベツ湿原の魅力に触れながら自然再生の取り組みをご紹介するツアーとなっています。

 

新型コロナウイルス感染症予防のために、告知開始が遅くなってしまいましたが

今年は7/5~10月の毎週1,2回程度(主に土日中心)開催予定です。
なお、直近では、再来週7/5(日)に開催予定です。
定員にはまだ余裕がございますので、この機会にぜひご参加ください!!

今後の開催予定日と詳細は以下をご覧ください。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
お申込み:サロベツ湿原センター
     TeL 0162-82-3232
     e-mail center@sarobetsu.or.jp

時 間: 9:45~12:15

○集 合: サロベツ湿原センター エントランス 9:45

○開催日: 7月→ 5(日)、12(日)、19(土)、23(木・祝))
24(金)、26(日)
        8月→ 2(土)8(土)、9(日)、10(月・祝)、16(日))
22(土)23(日)、30(日)
        9月→ 6(日)、19(土)、27(日)
       10月→10(土)、18(日)、25(日)

※やむを得ない事情により、開催日が急きょ変更になる場合がございますので、
 事前にホームページで最新状況をご確認下さい。

○定員5名、1回1組限定(事前申込制・先着順)
○その他: 足元が悪いため、汚れても良い動きやすい服・靴・雨具
 ※調査用木道を往復約3km歩きます
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
参考までに最近の6/9(日)開催時の様子をご紹介いたします。
まず、センターの隣にある産業館や浚渫船では、湿原の成り立ちや
泥炭の採掘方法などをご説明いたします。

館内での説明を終えると早速木道へ。
この場所は普段立ち入り禁止となっています。
この木道をガイドを先頭に採掘跡地までご案内いたします。

湿原は春から初夏の花々へと移り、前回は曇り空ではありましたが、
ショウジョウバカマ、タテヤマリンドウやホロムイイチゴ等が
見ごろを迎えていました。

皆様が気になるであろう、エゾカンゾウもあちこちで蕾が伸び始めていました。
今年も湿原を彩ってくれることに期待しましょう。

木道を1kmほど歩くと、採掘跡地の裸地に到着します。
この場所では植生の回復を促すネットが張られており、
参加者の皆様にもネット貼りの体験をしていただきます。

ネットを張った箇所には植物が生育し始めており、
ネット張りの効果を実感できますよ。

過去にネットに生育したワタスゲの花穂がちょうど見ごろを迎えており、
見事な群落となっていました。

さらに奥へ進むと、かつて採掘がおこなわれていた開放水面へと到着します
ここはほんの一部ですが実際に見るとその大きさに驚かされます

また、9月、10月には開放水面を利用するガンの群れが飛翔する姿を目にする事があるもかもしれません。

開放水面付近の木道脇では、ヒメシャクナゲが所々にまだ残っていました。

このツアーは広い湿原を独り占めできる贅沢なツアーです。
少しでもご興味をお持ちの方は予定をご確認のうえ、奮ってご参加ください。

川崎