瞳沼

ペンケ沼上空から利尻方向を見下ろした。写真中央の湿原にぽっかりと開いた瞳のような形の沼が“瞳沼”。沼にある浮島は、風によって東西南北に移動する。移動する浮島としては日本最大の面積であり、約 2,000m2(テニスコート7面分)の広さを誇る。