サロベツの大地とあなたを結ぶ

実りの秋

実りの秋

サロベツ湿原では、エゾリンドウ、ホロムイリンドウ、ミヤマアキノキリンソウ、ウメバチソウ等、秋の花々が見頃を迎えてます。 最新開花情報へ 一方、山林はどうなっているかというと… ミズナラ(ドングリ) ヤマブドウ 実りの秋を迎えてる …

猿払でエナガ

猿払でエナガ

7月6日に猿払でエナガを見つけました。 夏にエナガを見ることは珍しいです。若い個体でしょうか? はせ

神秘の沼 カムイト沼

神秘の沼 カムイト沼

7月6日にカムイト沼に行って来ました。猿払村にあるとても静かな沼です。カムイ= 神 ト= 沼 神の沼という意味でしょうか。 こちらは6月16日に行ったときの様子です。鏡のような湖面でした。 周りにある木道にはシオヤトンボがとまっていました。 …

ツバメ幼鳥

ツバメ幼鳥

7月20日にサロベツにツバメの幼鳥がいました。 近くで繁殖しているようです。 コムクドリもいました。 はせ

風車建設計画位置図

風車建設計画位置図

道北地方(稚内市、豊富町、幌延町、天塩町、猿払村) の風車建設計画位置図を作成しました。 大きな画像は以下のリンクよりご覧ください。 http://sarobetsu.or.jp/npo/wp-content/uploads/2015/06 …

写真家富士元寿彦氏のバードストライク記事

写真家富士元寿彦氏のバードストライク記事

幌延在住で長年に渡りサロベツの自然を撮り続けてきた富士元寿彦氏のブログ『サロベツ発』に風車によるバードストライク(鳥が風車に衝突して死亡する事故)に関する記事が掲載されましたので紹介します。 詳しくはこちらをご覧ください。 はせ

ノビタキ給餌

ノビタキ給餌

7月2日にイタドリの上に並んでとまっているノビタキ親子を発見 雌が飛び立つとあっという間に餌も持ってきました。巣立ち雛は餌をもらっていました。 今度は飛んだまま給餌 はせ

円山の鳥類

円山の鳥類

湿原センターのあるあたりは円山と呼ばれ、湿原や牧草地の真ん中に林が残っています。 7月に入り鳥のさえずりも落ち着いてきたかと思っていましたが、まだまだ夏鳥達で賑わっていました。 キビタキ 林の切れ目からチュウヒが見えました。 周りのヤチヤナ …

ノビタキ幼鳥

ノビタキ幼鳥

6月23日の刈り取ったばかりの牧草地のそばにノビタキがいました。 餌を持った雌もいました。 地面には巣立ったばかりと思われる幼鳥がいました。 こちらでは笹の先にとまっていました。 自分で餌をとっていた幼鳥もいました。 はせ

利尻富士と風車

利尻富士と風車

稚内周辺の宗谷・留萌地方ではたくさんの風車の建設計画があります。 例えば以下を参照 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=912014 私たちは風車建設による様々は懸念をいだいていますが、その …

稚内にツメナガセキレイ

稚内にツメナガセキレイ

6月22日に稚内でツメナガセキレイを見ました。 低木の上にとまっていました。 餌の虫をもっている個体もいました。 周りよりは高い小さいミズナラの梢で鳴いていました。 はせ

カケス

カケス

6月21日にサロベツの林の中にカケスがいました。 このカケス、頬のあたりが黒いので病気かな?と思いました。でも図鑑で確認してみると頬が黒いことがわかりました。 知っているつもりで、以外と細かい特徴をしっかりと覚えていないことがわかりました。 …

コサメビタキ

コサメビタキ

6月18日にサロベツの森林でコサメビタキを見つけました。 しばらくすると雄?が現れて求愛給餌をしていました。 近くにセンダイムシクイもいました。 はせ

湿原センター前にツメナガセキレイ

湿原センター前にツメナガセキレイ

6月16日に湿原センター前の芝生にツメナガセキレイがいました。 木道に行ってもいないことが多いですが、この日は餌を探していたのか、すぐそばにいました。 はせ

電線にコヨシキリ

電線にコヨシキリ

6月25日にコヨシキリがいました。 通常コヨシキリはその名の通り、ヨシなどの葉先にとまってさえずっていることが多いですが、この個体は電線にとまってさえずっていました。 猿払ではアカエゾマツの頂きでさえずっていました。 はせ

砂丘林にミコアイサ

砂丘林にミコアイサ

6月12日に砂丘林の沼にミコアイサがいまいた。 春の渡りの時期も終わった初夏に暗い砂丘林の沼にひっそりとミコアイサが浮いていました。 はせ

木の上にオオジシギ

木の上にオオジシギ

6月10日に木の上にオオジシギがとまっていました。 普段は地面にいますが、長い指で器用に枝の上にとまりますね。 さかんにいつもの声で鳴いていました。 はせ

コウノトリ

コウノトリ

7月3日、サロベツの牧草地でコウノトリが飛来しているという情報があり、いざ行ってみると… 発見しました! 世界的に見ても絶滅が危惧されている希少な鳥です。 コウノトリ含め希少な野鳥が飛来するサロベツはやはりすごい場所です。 G

モズ

モズ

これまでモズはなかなか出会えない鳥と思っていましたが、6月のサロベツ周辺ではよく電線にとまっていることがわかりました。 車を止めると逃げてしまうことが多いのですが、鳴いていることもあります。 見晴らしのよい木や枝先にいることもあります。 は …