サロベツの大地とあなたを結ぶ

稚内のワシ

稚内のワシ

12月4日に稚内市の川に海ワシがいました。 一本の木にワシがたくさんとまっていました。 雪が降りしきるなかオオワシが木にとまっていました。 オオワシです。 長谷部

稚内オオワシ

稚内オオワシ

11月17日に稚内市のサケが遡上する川ぞいにオオワシがいました。 電柱の上に成鳥がとまっていました。 若い個体が雪の上に座っていました。 はせ

猿払にオオワシ

猿払にオオワシ

11月12日に猿払のエサヌカ海岸にオオワシがいました。 木杭の上にとまっていました。 成鳥に似ていますが、やや若い個体のようです。 はせ

稚内にユキホオジロ

稚内にユキホオジロ

11月11日に稚内のノシャップ岬にユキホオジロがいました。 20-30羽くらいの群れでいました。 砂利と草のところで何かをたべていました。 はせ

オオヒシクイ中継地の朝

オオヒシクイ中継地の朝

10月15日のサロベツのオオヒシクイの中継地の朝です。 タンチョウもいました。 利尻は早くも白くなっていました。 はせ

秋のマガン

秋のマガン

10月13日にサロベツの牧草地にマガンがいました。 今年の秋はマガンが少なめな感じでしたが、ちゃんと来ていました。 はせ

猿払の海鳥

猿払の海鳥

10月13日に猿払の海岸に海鳥がいました。 まだ10月ですが、早くも旅鳥や冬鳥が海岸に現れました。 旅鳥のセグロカモメ。 ユリカモメもいました。 冬鳥のワシカモメ カモメ シロカモメ 港のテトラポットには多くのヒメウが集結していました。 は …

キセキレイ

キセキレイ

10月13日に猿払にキセキレイがいました。 サロベツ周辺では草原にツメナガセキレイがいるので、キセキレイのほうが見ることが少ないです。 ただ、山の中の川沿いにはいます。猿払川沿いの林道に現れたキセキレイ

利尻の雪と風車

利尻の雪と風車

10月11日にはもう利尻の中腹まで雪が積もっていました。 声問川下流から利尻を見るとサラキトマナイの風車がかかっていました。 今後風車が建設されればこのような風景が増えるでしょう。 はせ

デントコーン畑にタンチョウ

デントコーン畑にタンチョウ

10月6日にサロベツの収穫したあとのデントコーン畑にタンチョウがいました。 親子連れでした。 ヒナは親と同じくらいの大きさまでに成長していました。 はせ

ヒシクイ中継地

ヒシクイ中継地

9月30日にサロベツの沼にたくさんのヒシクイがねぐらをとっていました。 日が昇りヒシクイたちが餌場に向かった後に、タンチョウがでてきました。 タンチョウは貝のようなものを食べていました。 はせ

バンの親子9月

バンの親子9月

9月29日に稚内の沼にバンがいました。 親子でしたがヒナはまだ小さいです。 はせ

灰色の嘴のマガン

灰色の嘴のマガン

9月28日に猿払にマガンがいました。 よくみると灰色の嘴のマガンがいます。 やや橙味がかかっていますが、嘴は灰色です。 マガンの幼鳥のようですが、前から見ても灰色です。 はせ

水浴び

水浴び

雨上がりの道路の水たまりは小鳥たちの水浴び場になっていました。(8/31) オオジュリンが水浴びをしていました。 気持ちよさそうです。 ノビタキも一緒に水浴びをしていました。 はせ

コウノトリ

コウノトリ

8月28日にサロベツでコウノトリを見つけました。 白いのでタンチョウかと思いましたが、首が太いです。ハクガンがこの季節にいる訳がない。そばにいるアオサギがとても小さく見えます。嘴が太くて長い、コウノトリでした。 近くにタンチョウもいました。 …

モズ

モズ

8月27日にサロベツにモズがいました。 サロベツに来るまでモズは春以外はあまりみかけない鳥でした。 夏のサロベツでモズはよく見かけます。電線にもよくとまっています。 はせ

ムクドリ幼鳥とノビタキ

ムクドリ幼鳥とノビタキ

8月27日にサロベツにムクドリ幼鳥とノビタキがいました。 ムクドリ幼鳥です。嘴に赤みがかかっています。 アキノキリンソウの上にとまったノビタキ幼鳥です。 こちらはきれいな幼鳥 換羽中の雌でしょうか。 こちらは換羽中の雄です。 はせ

ツバメとショウドウツバメ

ツバメとショウドウツバメ

8月25日に稚咲内にツバメとショウドウツバメがいました。 稚咲内でツバメを見ているとショウドウツバメが混じっていることに気がつきました。 ショウドウツバメが飛んでいます。 一緒にとまっていました。 はせ

声問浜のシギ

声問浜のシギ

8月25日に稚内市の声問浜にシギがいました。 トウネンとソリハシシギでした。 はせ