サロベツの大地とあなたを結ぶ

モズのはやにえ

モズのはやにえ

9月1日にサロベツにモズがいました。 モズの右側に固まりが見えます。 小鳥の足のようなものが見えます。 小鳥がぐさっと枝に突き刺されています。このモズがやったはやにえでしょう。 長谷部

カイツブリ親子

カイツブリ親子

8月27日にサロベツにある沼にカイツブリの親子がいました。 のんびり雛が沼の上を漂っていました。 全部で4羽いました。 親が現れると雛たちが駆け寄って来ます。 スジエビを与えていました。 長谷部

湿原センター周辺も雪景色に

湿原センター周辺も雪景色に

昨日(11/17)から降り続いた雪により、一気に湿原センター周辺も雪景色となりました。 今朝(11/18)には湿原センター周辺で約20cmほど積もっていました。 こちらは木道周辺のカラフトイソツツジです。 冬の間は雪が積もって枝が折れたりし …

抜海のシギ

抜海のシギ

8月21日に抜海にシギが来ていました。 トウネン オバシギ ソリハシシギもいました。 地面をつついたり、魚を獲ったりしていました。 ハクセキレイもいました。 長谷部

ギョウジョシギ

ギョウジョシギ

8月21日にノシャップ岬周辺にシギがいました。 キョウジョシギ 2羽いました。 キアシシギ トウネン ウミウの幼鳥?もいました。 長谷部

ホオアカとオオジュリン

ホオアカとオオジュリン

8月20日にサロベツにホオアカの幼鳥とみられる個体がいました。 ハンゴンソウにとまっていました。 近くにオオジュリンもいました。 長谷部

チュウヒとトビ

チュウヒとトビ

8月17日に餌を運ぶチュウヒに後ろからトビが襲いかかってきました。 激しく絡みあっていました。 2羽がかりで来たので、チュウヒは餌(ベニマシコ?)を落としてしまいました。 餌を奪われてしまったようです。 長谷部

オジロワシとチュウヒ

オジロワシとチュウヒ

8月17日にサロベツの巣立ったばかりのチュウヒの幼鳥を遠くから観察していると、突然上空から何かが急降下してきました。 親が餌を持ってきたのかなと思いましたが、何か様子がおかしいです。 驚いたことにオジロワシがチュウヒの幼鳥を襲ったのでした。 …

湿原センター周辺にクイナ

湿原センター周辺にクイナ

8月にサロベツ湿原センターの近くにクイナが現れました。 毎年この時期になると現れることがあります。 少し飛んであっという間に草むらの中に消えていきました。 長谷部

路上にムクドリ

路上にムクドリ

8月16日にサロベツの道路上にムクドリの群れがいました。 群れは通常電線のうえにとまっているのですが、この日は路上にいました。何か餌でもあったのでしょうか? ガードロープの上にもぎっしりとまっていました。 長谷部

サケの遡上

サケの遡上

10月中旬以降、サロベツ地区周辺の川でも遡上するサケ(シロザケ)の数が多くなってきました。 今回は稚内市の遡上河川に様子を見に行きましたので、紹介したいと思います。 浅瀬を力の限り乗り越えようとするサケ オス同士の争い どの個体も傷つきなが …

笹藪にウグイス

笹藪にウグイス

8月14日にサロベツの丘陵の笹藪にウグイスがいました。 近くにはハシブトガラもいました。 長谷部

クサシギ・ムナグロ・エリマキシギ

クサシギ・ムナグロ・エリマキシギ

8月14日にサロベツの新しくしたての牧草地にクサシギがいました。 クサシギは雨が降って水たまりになった牧草地で水浴びをしていました。 するとムナグロの群れが飛んできて着地しました。 ムナグロの中にはエリマキシギが1羽混じっていました。 長谷 …

木道にベニマシコ

木道にベニマシコ

8月11日にサロベツ湿原センターの木道にベニマシコがいました。 お目当てはナガボノシロワレモコウの花?でした。 茎にぶらさがりながらうまく食べていました。 長谷部

オオジュリン幼鳥

オオジュリン幼鳥

8月10日にサロベツの湿原にオオジュリンがいました。 餌持ちの成鳥です。 オオジュリンの成鳥の幼鳥の違いは難しいです。ぶれていますが、餌を与えていましたので、左が成鳥、右が幼鳥です。 幼鳥だけが残されました。 それならば、これらの個体も幼鳥 …

8月の湿原の小鳥たち

8月の湿原の小鳥たち

8月11日のサロベツの湿原の小鳥たちの様子です。 普通のアオジです。 ホオアカはまだ餌を運んでいました。 その幼鳥っぽい個体 ノビタキの若い個体?または換羽中 ノビタキの幼鳥 ツメナガセキレイの幼鳥がいました。 モズもいました。これも換羽中 …

ムクドリの群れ

ムクドリの群れ

8月2日にサロベツのムクドリの群れが電線にとまっていました。 電線にぎっしりとまっています。 ムクドリといっても、成鳥から幼鳥まで様々な個体が混じっていました。 その中にコムクドリ(真ん中あたり)が混じっていました。足の色が異なるのでわかり …

サロベツでマキノセンニュウ

サロベツでマキノセンニュウ

8月1日にサロベツ湿原センターの木道にマキノセンニュウがいました。 マキノセンニュウは早朝や夕方に鳴きますが、その姿見ることはなかなかありません。この日は木道のそばの木の茂みの中にいました。 長谷部

木道にシマヘビ

木道にシマヘビ

8月1日にサロベツ湿原センターの木道にシマヘビがいました。 近くにノビタキやホオアカの幼鳥がいましたので、動きがにぶい幼鳥は食べられているのかもしれません。 長谷部