サロベツの大地とあなたを結ぶ

日ごとに風が冷たくなり、秋の深まりを肌で感じる季節となりました。
さて、サロベツ湿原センターでは作業のボランティアさんを募集しております。

毎年秋に利尻礼文サロベツ国立公園パークボランティアの会とNPO法人サロベツ・エコ・ネットワークの共催で行っている「サロベツ湿原センター周辺の環境維持管理活動」ですが、今年は湿原センター建物前に増えすぎてしまったヤナギの木を伐採し、見通しを良くするための景観維持管理作業を行います。

もともとこの場所は泥炭採掘工場の建物跡地の裸地でしたが、いつも間にかヤナギの木が生え始め、
今では30~50本ほどの木が生えてきています。このまま放っておくとあっという間に大きくなり、
建物の周りはヤナギの木で埋め尽くされてしまします。

建物前は湿原へのエントランスとも言える大事な場所なので、センターの館内から窓の外を見た時や、
レストハウスで飲食をしながら湿原が見渡せるよう、今回の作業を行います。

どなたでもご参加いただけますのでお時間とご興味のある方はどうぞご協力下さい。

===========================================
日時:10月14日 13:30~15:30
集合:サロベツ湿原センター 13:30
内容:湿原センター建物周辺で増えすぎてしまったヤナギの木を除去し、見通しを良くします。
服装・持ち物:汚れても良い服装上下、ノコギリ(あれば)、剪定バサミ(あれば)、
       長靴、帽子、飲料 (道具・軍手が無い場合は主催者側で用意します)

主催:利尻礼文サロベツ国立公園パークボランティアの会
   認定NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク
お問い合わせ・申し込み先:サロベツ湿原センター
   TEL:0162-82-3232/FAX:0162-82-1009 
   <メールはこちらから(湿原センターのメールフォームが開きます)

===========================================