サロベツの大地とあなたを結ぶ

2016年10月29日(土)、稚咲内砂丘林再生のための植樹活動を行います。
どなたでもご参加いただけます。ご一緒に、未来の森を植えてみませんか?

%e7%a0%82%e4%b8%98%e6%9e%97%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8

北海道北部、宗谷地方。「日本で一番走りたい道」にも選ばれた通称「オロロンライン」を走りながら臨む日本海が美しい、稚咲内海岸。

私たち NPO法人 サロベツ・エコ・ネットワーク では、
豊富町の稚咲内地区で、海岸砂丘林を再生する取り組みを行っています。

【稚咲内砂丘林再生活動】

国立公園特別保護地区に指定されている稚咲内砂丘林では、一部において、過去の牛の放牧や風雪により、約3haの森林が失われた箇所があります。

そのため、H17年度より、地区住民、NPO、関係機関などによる検討委員会を立ち上げ、協働参加によるミズナラの苗木育成や植樹活動といった自然再生活動を行っています。

%e7%a0%82%e4%b8%98%e6%9e%97%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a3%8f

【 昨年の様子 】

昨年2015年は、天候条件による延期にもかかわらず、総勢50名が参加。
350本の苗木を植えることができました。

近年は、地元の子供たちも参加して、一緒に木を植えています。

p1190098

p1190105

未来の森づくりに、皆様もぜひ、ご参加ください!