サロベツの大地とあなたを結ぶ

地域環境教育部 主査
吉原 努(ヨシハラ ツトム)
じゃいあん
担当業務 地域活動・子ども活動
( なまら!!サロベツ∞クラブ / ネイチャーガイド / 稚咲内砂丘林再生(ミズナラ苗木の育成管理) / 湖沼・河川・海岸清掃 / サロベツ地域歩道維持管理(巡視・補修・除草) / 高校生・大学生サブレンジャー など )
出身地 北海道天塩郡幌延町
資格など 学芸員 / CONE学校支援リーダー / 上級救命講習修了 / Medic First Aid(Basic・Child) / RESCUE3 SFR / 幌延町まち・ひと・しごと創生会議委員
サロベツのオススメ (場所、もの、こと)

・サロベツ原野と季節ごとに咲く花々、そして利尻富士が見える風景

・四季それぞれの風、自然の匂い

・稚咲内海岸線でのドライブ

・木道でのんびり過ごす

趣味・特技 Sarobetsu Basketball Club、アメフト、カヌー・カヤック、歌う
好きな花 マイヅルソウ
好きな野鳥 オジロワシ、シマエナガ
一 言 幌延町出身。地域の身近な自然であるサロベツ原野と利尻富士が見える景色の中で大きく育ちました。道内各所で自然体験活動の研修を受けた後、中頓別町のそうや自然学校で体験観光コーディネーターとして、ガイド業務や子ども達を対象とした環境教育活動を3年間実施してきました。その後、地元であるサロベツ原野に戻ってきました。幼少期からサロベツの大自然と触れ合ってきたことが原体験となっているため、地域の子ども達にもサロベツ湿原の自然の豊かさや楽しさなど、たくさんの魅力を体験・体感させるため、環境教育活動を主担当としてます。生まれ育ったサロベツ原野を守っていくために、少しでも地域に貢献できるよう、たくさんの方々にご協力をいただきながら、活動していきます。よろしくお願い致します。